FANツーリズム

海外と日本国内で地域の楽しみ方の違いとは

地元の人たちが自分の生活を守る事であり、
地域が好ましい形で発展できる事を
考慮した開発であるツーリズム活動をする人、
ツーリストが対等の立場で感動を覚える
出会いとなること、
最も大きな要素になっていると思います。

海外と日本国内で
地域の楽しみ方の違いとは

農村で休暇を過ごす人たちが、
地方色を強く感じることができる
ツーリズム

利益を追求した商売活動という要素が少ない、手作りのツーリズム

教育水準の高さ

歴史遺産への関心

余暇と所得の向上

情報網と交通網の発達

健康への関心

農村衰退への危機感

上記の取り組むべき姿勢において
EU各国の意識の高さが目立ちます

FANツーリズムとは対等の立場で感動を覚える出会いとなること

「大規模な開発ではなく、地域の自然、文化、人々の交流等資源を最大限に活用する」ことであり、地域を気軽に楽しむこと。 (写真: 福井県農家民泊施設)

過疎化、高齢化によって低下した農村地域の活性化に繋がる活動にしたい。

「物の豊かさ」より「心の豊かさ」を重視する価値観を大切にしていきたいと考えています。 (写真: イタリアヴェルチェッリ地域デザーナ)

FANツーリズムを楽しむ人への効果

~直接的な効果~
ゆとり、やすらぎ
豊かな食体験
土地に根ざした農業等の体験
地域文化、人とのふれあい
農産物等の購入都市住民とのふれあい、
感動の共有

~間接的な効果~
農山村の魅力・重要性の発見・再確認
リフレッシュの場、教育の場としての期待
居住の場、自己実現の場としての期待
地域の活性化

都会人が農村に求めるものは、「緑に囲まれた、素朴ながらも豊かでゆったりとした農村の暮らし」の疑似体験にあります。
地域でとれた食材を地域で味わう「地産地消」を基本として、農家が生産した野菜や漁師が採った海産物など、地域の食材を使った、四季折々の食材を味わえ、伝統野菜や郷土料理などを楽しむ。

朝どれの野菜や果物、とれたての海産物、手作り味噌、漬け物、ジャム、ジュースなどの加工品などを購入してもらい、都市に帰っても食を楽しんでもらう。
欧州では、農村に滞在しバカンスを過ごすという余暇の過ごし方が普及しています。

ルーラル・ツーリズム、グリーン・ツーリズム、
ツーリズム・ベールなど色々な呼称がありますが、
弊社ではFANツーリズムとして活動しています。