ミニチュアワークK.C.FactoryミニチュアワークK.C.Factory

妖精の住むミニチュアの世界

Story

幼少のころから様々なクラフトを学び、
ビーズ作家として活動を開始した。
冬休みに暇を持て余した子どもたちと、
どれだけ小さな鶴を折れるかという競争を
きっかけにミニチュア製作を始める。

畑で見た野菜の美しさに心を打たれ
野菜をモチーフにした妖精の家を
ガラスドームの中で表現する
オリジナルシリーズを製作。
作品のテーマは子どものころの
空想と自然を
融合させたおとぎ話の世界。
現在は展示会への出展や企業との
タイアップ作品の製作を行っている。